忙しい介護事業所様へ全く新しい人材育成のご提案

カードの特徴

  • HOME »
  • カードの特徴

■介護接遇マナーカードとは

「介護接遇マナーカード」は介護職員として、社会人としてこれだけは身につけておきたいという接遇マナーを厳選・体系化し、9分類・全50枚のカードにして見える化したものです。

これだけ身につけておけば「社会に貢献できる輝く人財」になることができます。

介護接遇マナーカード一式

■介護接遇マナーカードの3つの大きな特徴

一回あたりわずか15分で実習できること

介護接遇マナーカードの使用時間は一回あたりわずかたったの15分。だから忙しい介護事業所さまの職員レベルアップのための研修にピッタリです。

接遇レベルが点数化。さらに目標、課題が見える化できる

今までファジーだった部分(個人主観)をきちんと点数化できる仕組みになっているため、個人の接遇マナーの点数化、職場全体の接遇マナーの点数化、さらには事業所のストロングポイント、ウィークポイントすらも見える化できてしまいます。
また、個人の目標やグループの目標、職場の目標も見える化することができるので、取り組みを忘れてしまうことがありません。

見える化でき、具体的行動目標を立てれる仕組みで習慣化

一度乗れるようになった自転車は、なぜ期間が空いてもすぐ乗れるのでしょうか?
それは、自転車に乗るということが身についているからです。だから思い出さなくてもすぐに乗れるのです。それと同じように接遇マナーも習慣化することにより自然にマナー溢れる人材へと成長することができるのです。

■具体的な効果として

  • 個人、グループ、職場全体の接遇マナーが点数化できます
  • 個人、グループ、職場全体での毎月取り組んでいる課題を見える化することができます
  • 他者の取り組みも見える化できるため、職員同士での承認や声の掛け合いなど、職場内のコミュニケーションがさらによくなります。
  • 他者評価を導入することで、感情に流されない適切な評価を行うことができます。
  • 他者評価を導入することで、偏った評価ではなく信憑性の高い評価へとなります。
  • 職場内でのできている項目(強い点)、できていない項目(弱い点)がはっきりとし、課題を見える化することができます。

接遇マナーカードに関するお問い合わせは TEL 096-282-8512 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP